2008年09月29日(月)23:33  態勢が整ってきたんで
 このサイトを各種検索サイトに登録してきたー。
 別に自分のサイトを持つのは初めてじゃないけど、育てた魚を大河に放流するような何か感慨深いような。
 感慨に浸るヒマもなく更新したいんですけどね! 半月に一度が目安です。


 話は変わりますが。


 前々から僕は

「ご主人様はもう古い」
「次はメイドという存在をさらに細分化したジャンルが求められるはずだ」
「たとえば『若様』とかどうだろう? きっと認められるに違いない」

 と細々と主張していたのですが、ようやく風が吹いたようです。

 というわけで、『ぬらりひょんの孫』がジャンプコミックスで一巻が発売中です。

 や、これ実はかなり面白いと思うんですよ?
 陰険なイメージの極道社会を上手く少年漫画風にデフォルメしてしまうセンスがすげぇ。
 テーマだけ見れば明らかにジャンプ購読層向けじゃないのに、そこに「妖怪」という触媒を加えることで少年誌的な世界観として創ってしまっている。全く合わなさそうな要素を取り込んで新しいモノにする、って簡単なように見えて実はかなり難しいことなんじゃなかろうか。
 ぬらりひょんが妖怪世界では強キャラという設定から見えるように、多分に水木しげるの影響が含まれてるんだろうけど、昔の妖怪漫画的な筆ペンの使い方を初めとしてジャンプに輸入してる要素がたくさんあるという点でも新しい漫画だと思います。

 でもそんな難しいこと言っても誰も読まないことは承知の上なので、もう少しダメな話を。
 結論。雪女のつららちゃんが可愛すぎてしぬ。
 石川賢風のぐるぐるおめめがデザイン的にも斬新なステキな子です。
(ぐるぐる具合では『カスミ伝』の方が近いと僕は思うのですが)

 いや、だって……リクオくんが幼い頃から養育係として身の回りの世話をしてたわけですよ?
 きっと二次性徴的なアレやソレをいちいちドギマギしながら見守っていたに違いない。
 青少年特有の朝テントとか朝ケフィアとか見つけちゃってさ! わぁ甘酸っぺぇ! 死ぬ!

 ちょっと落ち着くためにトイレ行ってきます。







 ただいま。

 そんなつららちゃんがリクオくんを呼ぶときに使うのが「若様」なわけですが、
 これって実はかなりドラマ性のある呼称ですよ?

 呼ばれる側の家庭には、少なくとも人一人を雇えるだけの経済的余裕があり、
 呼ぶ側はあくまで呼ばれる側に直接雇われているわけではない、ということ。
 つまり、この事実により両者には
「雇われ人」と「雇用者の息子」
 という微妙な距離感が生じているわけで。

 その距離感をどういうアプローチで埋めていくかとか考えるだけでわくわくしませんか? しろよ!

 というわけで、そんな前提条件を話しただけでも深いドラマが生じる「若様」が、ただ主従関係を示すがだけの「ご主人様」とは物語的観点における洗練度がコーエー三国志でいう呂布と曹豹くらいに違うとご理解頂けたかと。
 そんな美味しい関係にいち早く気づいたぬら孫なんて凄すぎる。
 凄すぎるので皆はもっとアンケートを出すべきです。俺は出す。

 ちなみに、その手の複雑な主従関係に関して迸る僕の熱いパトスはとてもこのブログ程度で語りきれる量ではないので酒でも飲ませた際に聞いてみると何時間でも語り続けるのですが、そういうことを日記で書くと、次の飲み会でそういうネタを自分から振ることができなくなるのですぐに忘れてしまうのがいいと思います。

 あ、画像の更新はまた明日やるッス。すんません。
コメント
  • かざの(2008/09/30 12:27)
    てす
  • てす2(2008/09/30 12:28)
    あsdf
  • かざの(2008/09/30 12:29)
    てす3
  • myb(2008/09/30 12:35)
    てすてすー

 2008年09月08日(月)22:35  想定の範囲外
 コメント機能をつけようかと砂風氏と一緒に色々と模索していたのですが、
 どうにも上手くいきそうにないのでコメントは右枠にあるweb拍手の方へお願いしますー。
 きっちりレスするよ! たくさん拍手していってね!(そこはかとなく漂う必死感)

 今月は臨時収入があったからポチり記念日。

桜野みねね画集『支天輪』バーコードファイター(復刻版)上下 購入。
 

 小学校での『まもって守護月天!』でオタクとしての下地を作られた自分なので、長年買おう買おうと思っていたのがAmazonで安くなっていたので購入。
 普通の画集かと思いきや、B4判なので実はかなりの大きさ。
 部屋の本棚の一部は、画集や同人誌といった比較的大判の書物を入れることも想定していたのですが↓


 入りません。なんという想定の範囲外。
 しかしよく調べたら、受注生産のような高めの画集となるとB4判というのは割とよくあるサイズのようなので、折を見てまた本棚を改修していく方向で。
 中には実に30点以上の美麗なイラストが収録されているので、ムフリと笑いながら時間のあるときにゆっくり愛でることにします。

 バーコードファイターについては……うん、上連雀先生だ。狂ってる。(褒め言葉)
 ヒロインが実は男の子、しかも最終回において

「男なんや! わい、男の桜ちゃんが好きなんやぁ!!」

 と愛を告白するライバル……と、当時の小学生をトラウマの淵へ叩き落としたこと必至であろうコロコロコミック黄金時代を彩る一作。
 ちなみにそのヒロインこと桜ちゃんは11話にて男の子であると判明するのですが、巻末に収録されたボツVer'では第1話でもう男の子と書かれているわけで、その自分が好きなモノしか描かないという挑戦的なスタンスに尋常じゃないカルマの高さを感じます。
 よく復刊されたなマジで。

 後の連載である別冊コロコロの電撃ピカチュウは既に黒歴史とされつつあるのに……。
 エポック、任天堂ときて、次に小野先生に蹂躙されるおもちゃ屋はどこでしょうか楽しみでなりません(胡乱な目で)

 2008年09月05日(金)21:28  コメントテスト。
コメント機能つけてみるよ。
反映されてるかテスト−。

 2008年09月02日(火)09:06  冬コミ申し込みとラフ
 東方創想話に『愛情と無関心以外の何か』アップしました。
 書き溜めた東方SSはLemoNovelで立ち絵と音楽をつけてフリーで公開する予定です。

 冬コミは申し込み受付をうっかりすっぽかしたので誰かに委託させてもらう予定。
 何を書くかすら決まってないけどー。


 というわけで作業中。

 しかし絵というのは作業中の段階でも(線さえ整えてしまえば)見せてよし
 作業中の風景を撮ってもよしで何かと華のある(?)仕事で羨ましいような気もします
 とか言うとまたQZOに怒られそうですが。

 だって文章とか小説とか作業途中の段階で切り抜いたところで中二病と邪気眼が溢れたチラシの裏だし
 作業中の風景なんざただ酔っ払ったおっさんがパソコンの前で呻いてる無残な状況なので
 どう考えても楽しみようがありません 本当にありがとうございました。
20080902

過去ログ 2008年08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 08月 09月 10月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 07月 08月 09月 10月 
2011年12月 
2012年01月 08月 12月 
2013年03月 04月 
2015年01月 04月 
 今後の予定
201505??
ふたば学園祭10
なんらかの合同誌を出す予定です。


ウェブ拍手
 プロフィール
■サイト名
 Gimme logic Gimme water
■メールアドレス
 webmaster@givlog.info(@全角注意)

■運営者
◇Miyabi

 サイト管理・企画
 Twitter

◇QZO

 絵描き
 苺が食えない

メールが送れない場合、
Web拍手でもコンタクト可能です
 リンク
 Delights.in
 カザノメモ
 SION+ONE
 Plastic Dreamer Web
 
 当サイトへのリンクはご自由に。
 バナーはこちら。